東日本大震災での思いについて

もうすぐ東日本大震災から6年になります。時間の過ぎるのは早いですが、

大切な家族や人を失った人の悲しみは未だ癒えることは無いと思います。

私も3月11日に何をしていたのか、今でもハッキリと記憶しています。

津波の怖さをあらためて知った日でもあります。

その日、私は父と姉と出かけていて、家に帰る途中に地震が起きました。

家にはいず、車の中だったので、揺れの怖さを知らないのです。

私は車中で急いでラジオをつけたところ、ラジオのDJが

「落ちついて行動してください」

と何回も言っていたのを覚えています。

私はあわてて家にいる母に携帯電話をかけたのですが、直ぐに繋がらなかったので心配になりました。

家に帰ったところ、母が一人であわてていて心細かったようでした。

家で飼っているネコ2匹も押し入れの中に隠れていて、その日の夜まで出てこなかったのを見て、

動物の勘で危険を感じたのだと思いました。

その日は1日テレビを見ていました。

津波が街を飲み込んでいく映像、ヘリコプターからのマスコミ各社からの情報、

家や車が流されていく様子をただテレビ越しに見ていることしかできませんでした。

余震が起こる度にネコを抱きしめました。

私は賃貸のマンションに住んでいるのですが、震災のため壁に数か所ヒビがはいりました。

あの大地震をきっかけに、日本の活断層が活発に動き出してしまったと、ことあるごとに報道しています。

いつ首都直下地震が起こるか分かりません。

いつ起るか分からない災害に備えることは必要ではないかと思います。

災害が起きた時、被災するのは自分一人ではないのです。

皆が同じ被災者になるので、自分で出来る最低限のことはしておいた方が良いのだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です