単身生活きちんとすれば成長・一人ずつは円を描くという意味もあり

あるサイトのブログお題はひとりという孤独のジャンル、この日は水曜日で日常的な内容でもあり、

思考がさらさら流れるので綴ってみました。

これを並べるとやや寂しい気もしますが、思春期から20歳とか大人年齢のプロセスには必要な時間ですね。

親元で生活する内は食事も衣類の洗濯もせずに楽ですが、大学などの学生生活で単身ライフしてみれば、

日ごろの身の周りの重要性に気づくというもの。

洗濯とか掃除しないでもよいのは楽でもあり、金銭を考えないでもいいし趣味の時間ものんびりある。

楽といえばよいけれど成長にはどうかというスタイル、

自立という言葉もあるのだからちゃんと生活すれば食事面も金銭感覚も成長しますね。

生活費も毎月の給料などの範囲内で考慮、基本は居住費とか食費で金額をちゃんとキープ、

オプションのような趣味ジャンルは余剰金額から使えばいい。

ひとりの言葉には孤というのがあり、雰囲気からしても用途のイメージとしてもさみしい感じはありますけれど、

別の意味で考えてみればを孤を描くという使い方もありますね。

弓のように曲線を描くとか丸い円を描くという意味、同じ読み仮名では一個の個というのも同類、

一人ひとりがこの個とすれば会社とか学校など団体は一人ずつの集合体ですね。

単身でいるのはさみしいというものだけれど、この一人ずつの孤が円を描くという様な社会の構造、

個性いろいろあるけれど社会のジャンル構成に必要なキャラクターとも言えます。

マジメ、几帳面とかユニークなどいろいろな性格があるから、大人の一般社会も楽しいとか面白いと感じられるものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です